スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2016の投稿を表示しています

繊研新聞(12月27日付)に掲載されました

繊研新聞「年末特別編ー繊研教室執筆者に聞くー16年はどんな年&トップニュース」
に掲載されました。
「所有から共有へ」という題名でIoTのファッションビジネスへの影響やリオ五輪の社会的意義について書かせて頂いております。

ハンディキャップアート「アートビリティ+」のショップに行ってきました。

お手伝いをさせて頂いているフェアトレードでオーガニックコットンを使用したアート作品「アートビリティ+」の丸井での販売会に行ってきました。31日で一旦終わりますが好評につき1月には池袋丸井でも販売が決定したとのこと。次回は更にバリエーションが増えそうです。ご期待ください!

フェアトレード出前授業@専修大学

9月29日に専修大学(神田キャンパス)に行ってきました。大学生の場合は「フェアトレード」という言葉は知っていても具体的な仕組みや内容はあまり知らないケースが多いです。 国際フェアトレード認証の仕組みやオーガニックコットンについて1時間講演を行いました。また学祭ではフェアトレードコーヒーを販売されるとのことです。

フェアトレードガーデン世田谷さんのイベントで登壇しました

9月11日世田谷区千歳烏山で行われたフェアトレードガーデン世田谷さん主催のイベントに参加してきました。フェアトレードガーデン世田谷さんはフェアトレードのチョコレートやコットンなどをテーマに親子ワークショップを行っています。また世田谷区のフェアトレードタウン宣言に向けて中心となって活動をされています。

五輪とフェアトレード

ロンドン五輪に続いてリオでもフェアトレード製品は調達基準に入りました。 東京はサスティナブル都市の模範となれるのか。小池知事に期待をしたいと思います。

文化ファッション大学院大学の特別講師として紹介されました

文化ファッション大学院大学の特別講師として紹介されました。

フェアトレード学生ネットワークで登壇@法政大学

FTSN(フェアトレード学生ネットワーク関東で登壇いたしました。ほぼ一年ぶりの参加となります。初めてお会いする方も多く皆さん大変熱心に聞いていただきました。日々フェアトレード熱の高まりを実感しております。

「フェアトレード×サービスデザイン」@慶応大学経済学部武山研究室

都市生活者の日々の暮らしを豊かにする新たなサービスやイノベーションの研究をされている慶應義塾大学経済学部武山教授。日本の「サービスデザイン」分野での第一人者として内閣府経済財政諮問会議専門委員としてもご活躍されています。今回武山教授にご協力頂き「フェアトレードを日本で普及させる為のサービスデザイン」について4月から研究を開始し、昨日が結果発表会でしたので参加してきました。研究室の学生メンバー3チームがユニークなアプローチで大変素晴らしいプレゼンをして頂きました。













その中で今回の最優秀賞はこちらです。テーマは「社会貢献したのであればその後にそっと気づかせてほしい」。例えばベンジェリのアイスクリームがフェアトレードと知らず購入した人が、アイスクリームにスマホをかざすとウシが登場しお礼とその貢献度をお知らせしてくれるアプリ。1か月後には生産者からお礼の笑顔の写真がメールで届くしくみ。貢献度や透明性そしてその実現性の高さに感動したプレゼンでした。武山教授をはじめ、研究室のみなさん、素晴らしいプレゼンをして頂きありがとうございました。

かわさき起業家オーディション最終選考会(ファイナリスト)

先日、川崎市でフェアトレードコットンのプレゼンをしてきました。東京にほど近く、影響力のある政令指定都市での啓発活動を進めています。
(プレゼンが目的でしたが川崎商工会議所会頭賞を頂きました)

CSR企業は発展する

3月15日の繊研新聞「繊研教室”くらしのまわり”」を執筆いたしました。 前回の掲載に引き続きアパレル産業における「サプライチェーンの透明性」及び「企業CSR」の重要性に関して書かせて頂きました。
(画像をクリックで拡大します)